企業に大きな損害がでないように大切な情報を処分する方法

Computer

規格で安全を示す

ISO9001の取得

ISO9001は、ISO9000シリーズの中でも中核をなす規格となっており、現在では多くの企業が積極的に取得を進めています。 その数は、170カ国以上で百万を優に超える企業が取得しており、企業を運営する上で欠かせないものになっています。 ISO9001が広く取得されるようになった理由としては、品質マネジメントシステムに必要な要素が網羅されていること、品質管理に使用するツールや方法が各事業体に任せられていること、多くの商品やサービスを市場へと供給する事業体に適用可能なこと、広く認知されている団体が規格の変更や管理を行っていることなどがあげられます。 このように、ISO9001を取得することによって、顧客に対して安定したサービスを提供できる様になるだけでなく、社員の労働意識の向上などへと繋げることが出来ます。

ISOの取得の意味って?

ISOとは国際標準化機構の事であり、国際的な取引がスムーズに進むために共通の基準を決めることで、これにより定められたのが、ISO規格というよく見るISO14001等のものです。 さて、ISOを取得すると、どのようなメリットがあるのでしょうか。ISOの取得には、第三者による審査を通さなければなりません。そのため、取得した企業は、基準を満たすルールを用いていますよというお墨付きを機構からもらうことが出来ます。これにより、企業の内部を直接見ることのできない消費者は、その企業を信頼することが出来ます。つまり、ISO取得の一番のメリットは、消費者からの信頼を受けることが出来ることです。 安心を求める近年においては、名もない企業が我が社は安く良い製品を作っています。というより、ISOを取得することで、消費者の信頼を得ることで、競争を勝ち抜く時代になってきています。