企業に大きな損害がでないように大切な情報を処分する方法

Computer

安全を保証する

ISO9001の概要について

 ISO9001とは、製品・サービスに対する品質の保証を通じ、顧客満足度の向上や品質マネジメントシステムを継続改善を行っていく国際的な規格で、スイスのジュネーブに本部を置いている国際標準化機構が出版する国際規格の内、品質マネジメントに関する規格を表しています。  ISO9001は内容の改定を継続し続けていて、最新改訂版は2008年で、次の改定は2015年が予定されています。  ISO9001は、PDCA(PLAN計画-DO実行-CHECK確認-ACTION改善)のマネージメントサイクルを繰り返して運用していくことにより、製品やサービスの提供プロセスを確認していくことで、継続的な業務プロセスの改善をでき、企業の競争力を強化できます。

ISO登録のメリットと概算費用

 ISO9001を取得するには第三者による審査が必要で、客観的な立場で審査対象企業のISO9001に則ったルールを制定し、それを実行している事を審査されます。  ISO9001を取得するメリットは、外部からの信頼が高くなる事、経営者の経営に対する方針を従業員全員に周知することができる事、業務の流れや責任者が明確となり効率的に業務が遂行できる事、問題点を迅速に把握できる事で再発防止対策が早急に実施できるなどがあります。  ISO9001の登録をコンサルタントなどにすべて依頼して行うには、企業の規模によりますが、システムの構築に200万円〜300万円程度が必要で、ISO審査機関の審査を受けるために100万円程度の費用が必要となります。