企業に大きな損害がでないように大切な情報を処分する方法

ビジネスに必須な文書を更に効果的にしてくれる

  業者に依頼して処分

企業経営において、機密となる文書はどの企業でも存在するものです。それは主に新商品の企画書や顧客情報などで、取り扱いに注意が必要なものです。機密文書を処理する際には、専門の業者への依頼が便利です。

  安全を保証する

ISO9001と呼ばれる国際規格があります。これは企業の提供する製品やサービスに対して一定の品質を保証する企画で、この規格の取得は製品の安全性を証明することに繋がります。

  情報の流出を防ぐ

ネットワークセキュリティは、パソコンやスマートフォンを活用する上で必要な物です。パソコン等の情報端末には膨大な料の個人情報が入っているため、流出等を防止するためのセキュリティが必要なのです。

規格で安全を示す

ISO9001は、商品の安全性を保証するための国際的な規格で、多くの製品がこの規格を取得しています。国際社会に商品を売り出すためには、規格の取得で安全性をアピールすることが重要なのです。

処分する方法

機密文書の注意点とは

機密文書は会社で収集した顧客の個人情報や、会社の企業秘密、また取引先の情報などの書類のことをいいます。機密文書について注意しなければいけないことがあります。これらの書類は会社では必ず出るものであり、しっかりと保管やまた不要になった場合には適切な処理が必要になります。そのままゴミ箱などに捨ててしまってはさまざまな情報が外部に漏れてしまう可能性が高いのです。会社の機密情報がライバル会社に漏れてしまったり、また顧客等の個人情報が漏洩してしまうと大変な問題になってしまうのです。そのため機密文書は適切な処理を行う必要があります。書類であればしっかりとシュレッダーをかけたり、CDなどであれば割って破棄するなどが必要なのです。

知っておくと便利な処理方法とは

機密文書処理で知っておくと便利な情報が、機密文書処理を専門で行っている業者があるということです。会社で大量にでる機密文書をシュレッダーをかけて処理するのはとても手間になり大変です。しかし専門で処理を行っている業者に依頼すれば段ボールに詰めて渡すだけなのでとても簡単なのです。処分の仕方は業者によって様々ですが、大型のシュレッダーで粉々にしたりまた段ボールをそのまま溶解してしまいます。ダンボールであれば1箱1,200円から1,500円ほどで処理することができます。中にはクリップやホッチキスの針はそのままでも良い業者もあるため、全て外す手間も省けます。溶解した書類はリサイクルしている業者も多くエコ活動につながっています。